風俗嬢の目の奥が濁ってた件

心の中の価値が高まってきた気がする

自分の中で風俗の価値が高くなっているのが分かります。それまではあまり深く考えていた訳じゃなく、それこそ適当に楽しめればそれだけで満足だろうとさえ思っていましたけど、今では価値のあるものなんだなってことを考えるようになりましたし、そこをよく思うようにもなりましたね。年齢と共にどうしても異性の存在が遠いものになるじゃないですか(笑)自分が若い時は友達だって若いので「若い女」がそこまで遠い存在ではないというか、そもそもそんなことを意識するようなこともありませんでした。でも自分が年齢を重ねると若い女という存在が遠くになるので、遊ぶ機会はおろか接する機会そのものさえなくなってくるんですよね(苦笑)若さへの飢え。それが出てくるようになってきたのもあって、風俗での時間を絶対に後悔したくないなって気持ちになるというか、是が非でも楽しみたいと思うようになったんです。自分でもまさかここまで好き位なるとは思いませんでしたね。

情報の有用性もありますし

情報が溢れている時代です。風俗だってホームページやポータルサイトのように信憑性のあるものもあれば、口コミのようにどこまで信じてよいのか分からないものもあるじゃないですか。もちろん口コミも様々で、例えばSNSとかブログで定期的に風俗のことを情報発信しているような人であれば、口コミもまた、信用出来ると思うんです。でも、匿名掲示板だったり匿名性の高いものだと、果たしてその情報は本当に正しいのかという懸念もありますよね。それだけに、風俗では自分でもどこまで楽しめるのかは自分次第だったり、相性次第な面もありますので、口コミ発信者が嘘をつきたい訳じゃなくても、自分の感覚とは違ってしまう部分も出てくるものなんです。だから、情報がどれだけ正しいのかは、客観的な情報なのか主観的な情報なのかによって全然変わってくるんじゃないかなって思っていますし、それによってまた違ったものになるんじゃないかなって思いますけどね。