風俗嬢の目の奥が濁ってた件

満足感の印なのかもしれない

会社帰りに良く行くピンサロがあるんです。風俗の中でピンサロが特別好きというよりは、行きやすいのでいつしか風俗でもって思った時にはそのピンサロで済ますようになったんですけど、割と人気があるピンサロのようなので、女の子も結構新人もいるしで、毎回同じ女の子を相手にしている訳ではないんです。それがまた新鮮な気持ちになるじゃないですか。だからか、ピンサロが好きとか風俗が好きとかじゃなくて、そのピンサロに行くことそのものが楽しいのかもしれませんね。満足感が保証されているのであれば、そこに足を運んでおけば間違いないじゃないですか(笑)そんな気持ちが強いんですよね。もちろんピンサロ以外の風俗も好きなんですけど、やっぱり行きやすいという立地面での魅力はありますよ。手間をかけて遠くに行く必要がないんです。それならピンサロでいいかなって気持ちになるのは当然だし、決して不満があるとかではないだけに、満足感に溢れているんです。

知っているのかどうかなんです

毎日のように遊ぶわけではないけど、でも時に大きな存在ん感を発揮してくれるのが風俗だと思うので、知っているのかどうかによってもまた、男としての生活が大きく変わるんじゃないのかなって思いますよね。風俗って別に義務じゃないんです。だから遊ばなければ遊ばないで誰かに怒られるようなことはないし、むしろ男であれば風俗で遊んでいる方が話も森があると思うんですよね、仲間内で(笑)でも、それ以上に気持ちのはけ口としてとっても大切何じゃないかなと思うんですよ。イライラしている時って、何でイライラしているのか分からなかったりしますけど、そんな時にふと風俗に行って女の子に抜いてもらうと、イライラが吹き飛んで自分が欲求不満だったんだなってことに気付かされることだってあるじゃないですか。こういった形で風俗の存在感ってとっても大切だな思わされることもあるので、知っておいて無駄になるような場所ではないんじゃないのかなって思いますよ。